2015年12月25日金曜日

【トピックス】vSphere CLI を使用した STONITH によるフェンシングのご紹介

こんにちは、製品開発部の宇野です。

今日は、vSphere CLI を使用した STONITH によるフェンシングをご紹介します。

LifeKeeper
では、コミュニケーションパスの全断が発生した時に、STONITH を使用して両ノードでリソースが起動しないよう対向ノードを強制停止する事が出来ます。

よく利用されるのは、ハードウェア管理ポートからハードウェアの強制停止を行う様な処理ですが、vSphere CLI を使用すると、ESXi に対してコマンドを発行して、対向ノードVMの強制停止を行うことが出来ます。

実際に試してみる場合は、以下の手順を参考にしてください。



1.
各ノードに以下をインストールします。
vSphere CLI
で対向ノードを落とす必要があるので、以下の2つのツールが必要となります。

VMWare tools のインストール
vSphere CLI

vSphere CLI v6.0
では、以下のリリースノートにあるOS をサポートしています。
https://www.vmware.com/support/developer/vcli/vcli60/vsp6_60_vcli_relnotes.html

なお RHEL v7.1 で動作検証を行いましたが、利用することが出来ませんでした。
私が確認した限りでは、RHELv6.6 でも利用できましたので、6 系を利用いただくのが良いと思います。


2. vmware-cmd コマンドを使用してノード停止が行えることを確認します。

  # vmware-cmd -H 10.0.0.1 -U root -P secret /<Full path>/lampserver.vmx stop hard

上記は、ESXi 10.0.0.1 から lampserver.vmx VMへ、強制停止を実行するコマンドです。"-U" "-P" は、ESXi にログインするアカウント情報を入力してください。
 
lampserver.vmx のパス(vm_id)を確認するには、ESXi に対して以下の様にコマンドを実行してください。

  # vmware-cmd -H 10.0.0.1 -l

10.0.0.1 root ユーザーで認証する事で、稼働している vm_id を確認できます。

各クラスターノードから対向ノードに対してコマンドを実行して、強制停止できる事を確認してください。


3. LifeKeeper Core
パッケージに含まれている以下のファイルを実行します。
 

  # /opt/LifeKeeper/samples/STONITH/stonith-install


4. 3 のコマンド実行後、以下のコンフィグファイルが作成されます。

/opt/LifeKeeper/config/stonith.conf 

コメント行を参考に、対向ノードを vmware-cmd コマンドで停止する設定を追加します。

例えば、vm1,vm2 というノードがあった場合、 vm1 には、対向ノードとなる vm2を指定して、先ほど確認した vmware-cmd コマンドを記載します。この場合、ホスト名 lamp は、vmx ファイル名 "lampserver.vmx" で稼働している事になります。
 

--- 追加行 ---


lamp vmware-cmd -H 10.0.0.1 -U root -P secret /<Full path>/lampserver.vmx stop hard

--- 追加行 ---

*設定ファイルに記載する際は改行なしで記入してください。

5. 設定が上手く行えたかどうかテストをします。ノード障害を検出した場合に
STONITH
の設定が機能して、相手ノードを落とします。コミュニケーションパスを全てダウンさせて、どちらかのノードが強制再起動されれば成功です。



6. vSphere HA
vMotion によって VM が起動するホストを変更した場合、上記
の設定だけでは切り替わった後のノードへのフェンシングが行えなくなります。

VM
が稼働する ESXi vSphere HA vMotionで変更となる可能性がある場合は、可能性のあるホストに対して、コマンドを発行するスクリプトを作成して、このスクリプトを stonith.conf ファイルから読み込むよう設定する事で、対応可能となります。

私は面倒なので、以下の様にコマンドを並べただけのスクリプトを作成して動作検証を行いました。 vmware-cmd -l VMを検出するスクリプトが作成可能だと思いますので、お試しいただければと思います。


--- スクリプトファイル内容---

vmware-cmd -H 10.0.0.1 -U root -P secret /<Full path>/lampserver.vmx stop hard
vmware-cmd -H 10.0.0.2 -U root -P secret /<Full path>/lampserver.vmx stop hard

--- スクリプトファイル内容---

*設定ファイルに記載する際は改行なしで記入してください。

ホスト名 "lamp" VM ESXi 10.0.0.1,10.0.0.2 で稼働する可能性がある場合は、上記の様に2行並べただけの実行ファイルを作成してこの実行ファイルを stonith.confから読み込んでください。どちらの ESXi で稼働していても、VMdownさせることが出来ます。

他のフェンシング機能と連携して取り入れる事で、高い耐障害性を保つことが出来ます。
vmware
環境であれば vSphere CLI による STNOITH についても検討いただければと思います。


LifeKeeper I-O
フェンシングの概要
http://jpdocs.us.sios.com/Linux/9.0.1/LK4L/TechDoc/index.htm#configuration/lifekeeper_io_fencing/introduction.htm

I/O
フェンシング表
http://jpdocs.us.sios.com/Linux/9.0.1/LK4L/TechDoc/index.htm#configuration/lifekeeper_io_fencing/disabling_reservations/i_o_fencing_chart.htm

STONITH
http://jpdocs.us.sios.com/Linux/9.0.1/LK4L/TechDoc/index.htm#configuration/lifekeeper_io_fencing/stonith.htm


2015年12月16日水曜日

【2016年定期開催】LifeKeeper/DataKeeperセミナーとトレーニング 1月開催日程のご案内

こんにちは。BC事業企画部の岸本です。

サイオスの本社3Fのセミナールームにて定期開催しておりますLifeKeeper / DataKeeper ご紹介セミナーの20161月日程のご案内です。

短期間で効果的に学習!

過去に開催されたセミナーへの参加者の皆様からは、こんな感想をいただいています。
LifeKeeperの構築はわかりやすく、それほど時間がかからないということがわかりました。
・システム部に異動したばかりですが、非常にわかりやすい説明で十分に理解が出来ました。

このご紹介セミナーは午前中だけの半日コースです。お気軽にご参加ください。

LifeKeeper / DataKeeper ご紹介セミナー】
HA クラスターソフトによりクラウド環境・仮想環境の高可用性を実現 ~
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

LifeKeeper / DataKeeper (Linux/Windows) の製品概要の説明と LifeKeeper デモによる容易な HA システム構築をご説明。物理/仮想/クラウドといった環境を問わずHAクラスターを構築可能な製品の特長や導入事例をご紹介致します。

【日程】2016119()
【時間】10:0012:00 (受付9:30)
【費用】無料

【定員】各回14
【対象者】
  ・ご購入を検討中のユーザー様
  ・ご提案を検討している営業、SE の方

【コース内容】
・製品の特長
・対応アプリケーションや可能な構成
・デモンストレーション
・仮想環境やクラウド環境への適用
・共有ストレージが不要のWindows向けソリューション「SANLess Clusters
・導入事例

▼▽ セミナー詳細/お申し込みはこちらから ▽▼
https://sios.secure.force.com/webform/SeminarDetail?id=70110000000hXwdAAE


また、1月は、LifeKeeper/DataKeeperのハンズオントレーニングも開催予定です。HAクラスター導入に必要な技術を短期間に習得することが可能なトレーニングで、専任のインストラクターが講師を務めます。LifeKeeper/DataKeeperの導入と設計に携わるエンジニアの方を対象としています。

専任のインストラクターによるハンズオン・トレーニング

【LifeKeeper for Linux テクニカルトレーニング(基礎編)】
 日時:113() 10:0017:30

【LifeKeeper for Linux テクニカルトレーニング(応用編)】
 日時:114() 10:0017:30

【LifeKeeper / DataKeeper for Windows テクニカルトレーニング 】
 日時:128() 10:0017:30

詳しい内容とお申し込みはこちら
http://sios.jp/products/lkdk/seminar/

2015年11月30日月曜日

【12月開催日程】LifeKeeper/DataKeeperセミナーとトレーニングのご案内

こんにちは。BC事業企画部の岸本です。 

サイオスの本社3Fのセミナールームにて定期開催しております LifeKeeper / DataKeeper ご紹介セミナーの201512月日程のご案内です。 
短期間で効果的に学習!

過去に開催されたセミナーへの参加者の皆様からは、こんな感想をいただいています。

LifeKeeperの構築はわかりやすく、それほど時間がかからないということがわかりました。
・システム部に異動したばかりですが、非常にわかりやすい説明で十分に理解が出来ました。

このご紹介セミナーは午前中だけの半日コースです。お気軽にご参加ください。

LifeKeeper / DataKeeper ご紹介セミナー】
HA クラスターソフトによりクラウド環境・仮想環境の高可用性を実現 ~
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
LifeKeeper / DataKeeper (Linux/Windows) の製品概要の説明と LifeKeeper デモによる容易な HA システム構築をご説明。物理/仮想/クラウドといった環境を問わずHAクラスターを構築可能な製品の特長や導入事例をご紹介致します。

【日程】12/8()
【時間】10:0012:00 (受付9:30)
【費用】無料
【定員】各回14
【対象者】
 ・ご購入を検討中のユーザー様
 ・ご提案を検討している営業、SE の方
【コース内容】
 ・製品の特長
 ・対応アプリケーションや可能な構成
 ・デモンストレーション
 ・仮想環境やクラウド環境への適用
 ・共有ストレージが不要のWindows向けソリューション「SANLess Clusters
 ・導入事例

▼▽ セミナー詳細/お申し込みはこちらから ▽▼
https://entry.sios.com/public/seminar/view/311

 
また、12月は、LifeKeeper/DataKeeperのハンズオントレーニングも開催予定です。HAクラスター導入に必要な技術を短期間に習得することが可能なトレーニングで、専任のインストラクターが講師を務めます。LifeKeeper/DataKeeperの導入と設計に携わるエンジニアの方を対象としています。

専任のインストラクターによるハンズオン・トレーニング

LifeKeeper for Linux テクニカルトレーニング(基礎編)
 日時:1210() 10:0017:30

LifeKeeper for Linux テクニカルトレーニング(応用編)
 日時:1211() 10:0017:30

LifeKeeper / DataKeeper for Windows テクニカルトレーニング
 日時:1217() 10:0017:30
 
詳しい内容とお申し込みはこちら
http://www.sios.com/products/bcp/lkdk/seminar/

2015年11月19日木曜日

【協賛セミナー】日本ティーマックスソフト主催(12月2日)「新しい未来に向けた新しいITの選択」セミナーのご案内

サイオステクノロジーのBC事業企画部です。サイオスは、この度、122日開催の日本ティーマックスソフト株式会社のセミナーに協賛致します。日本ティーマックスソフト社とはLifeKeeper 連携ソリューションであるGeneric ARK for Tibero RDBMSにおける対象RDBMS(Tibero)で協業しています。

▼セミナーの詳細はこちら


Tibero RDBMSは韓国のティーマックスソフト社が開発した、高性能のRDBMS(Relational DataBase Management System)です。

標準SQLのほか、オラクル社の独自のSQLやデータ型、PL/SQLなどとの互換性が高い商業用のRDBMSで、サポート費用含めたコストメリットがあり、Generic ARK for Tibero RDBMSを利用することにより、Tibero RDBMSの高可用性を実現し、LifeKeeper上でクラスター構成を組むことが可能です。

なお、Tibero RDBMSLifeKeeper for LinuxGeneric ARK for Tibero RDBMSのサポートサービスはユニアデックス株式会社が提供します。製品の技術情報提供、トラブル時の問題の切り分けから、他の製品と組み合わせた場合の支援までワンストップで行います。
 


★協賛セミナー 日本ティーマックスソフト主催  「新しい未来に向けた新しいITの選択」★

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【日時】2015年(平成27年)122日(水)13:15 17:10(受付開始 12:45
【場所】ザ・キャピトルホテル東急 1階 「鳳凰」
【アクセス 公共交通機関】
  地下鉄千代田線 国会議事堂前駅 6番出口 地下直結
  地下鉄丸ノ内線 国会議事堂前駅 千代田線ホーム経由6番出口 地下直結(435)
  地下鉄南北線 溜池山王駅 6番出口地下直結
  地下鉄銀座線 溜池山王駅 南北線ホーム経由6番出口 地下直結(220)

【主催】日本ティーマックスソフト株式会社
【定員】200名様
【参加費】無料(事前登録制)
【お申込み方法】以下のWebサイトからお申し込みを承ります。
  ※ビジネス+ITWebサイトにリンクしております。
   http://www.sbbit.jp/eventinfo/28988

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このセミナーについてのお問い合わせはこちら。
【お問合せ先】日本ティーマックスソフト株式会社 セミナー事務局(担当:武田)
   TEL03-5765-2554 Eメール: seminar@tmaxsoft.co.jp
 

2015年11月16日月曜日

【製品情報】TechnoCUVIC VP上でDataKeeper for Windows Cluster Editionがご利用可能になりました

こんにちは、サイオステクノロジーの小川です。

このたび、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社様(以下、CTC)が提供するプライベートクラウドサービスTechnoCUVIC VP上でDataKeeper for Windows Cluster Edition (以下、DKCE) をご利用いただけるようになりました。

TechnoCUVIC VP
の特徴は、お客様ごとに専用のVMware ESXiサーバーとvCenterを提供するため、
自由度の高い仮想サーバーの設計・構築が可能です。提供される ESXiサーバーは、CTC社のデータセンター内で稼働しており、お客様が資産を持つ必要が無いことや、基盤の構築・運用はCTC社にて行うため、運用・保守費用を削減することができます。

今回は、DKCETechnoCUVIC VP上で構築し、DKCEのデータレプリケーション機能とWindows Serverが持つWindows Server Failover Clusteringの機能を組み合わせ、HAクラスターを実現する方法を紹介します。
弊社で実施した検証内容をもとに動作検証レポートを作成し、公開しております。

ご興味のある方は、以下のURLよりダウンロードください。

TechnoCUVICでのDKCEの動作検証レポートはこちら
http://www.sios.com/products/bcp/lkdk/product/c_ctctc.html


TechnoCUVIC VP
http://www.ctc-g.co.jp/solutions/cuvic_vp/

2015年11月11日水曜日

【トピックス】DataKeeper for Windows v8.3.0から追加されたPowerShellのコマンドレットについて

こんにちは、サイオステクノロジー 佐藤です。

今日は、112日にリリースしたDataKeeper for Windows v8.3.0から追加されPowerShellのコマンドレットに関する情報をご案内します。コマンドレットの設定や使用例が以下にまとめられています。
 
DataKeeper for Windows v8.3.0から追加されたPowerShellのコマンドレット について
http://lk.sios.com/?p=3856
LifeKeeperのユーザーサイトには、他にも役に立つ情報がたくさん掲載されていますので、是非とも、ご活用ください。

2015年11月4日水曜日

【トピックス】Windows Server 2012 R2 の英語版環境を日本語環境に変更する。


こんにちは
サイオステクノロジー 宇野です。

最近、クラウド環境で検証を行っていると、Windows環境がデフォルトで英語版となっているケースを見かけます。事前に日本語環境へ変更すると思いますが、LifeKeeper for Windows, DataKeeper for Windowsのインストールを行う場合は、以下の変更を行わない限り、一部の表示が文字化けを起こします。

・ 言語(日本語)パッケージの追加

・ 第一言語を日本語に変更

・ システム言語を日本語に変更

その為、以下を参考にWindows OSを日本語環境に変更してから、LifeKeeper for Windows, DataKeeper for Windowsのインストールを行ってください。

OSWindows Server 2012 R2)の日本語化手順


スタート画面から「Control Panel」を開いてください。「Clock,Language,and Region」グループから、「Add a language」を選択します。




Language」画面から、「Add Language」を選択します。



Add Language」画面が表示されます。リストから「日本語」を選択して、「Add」ボタンを押します。



「Language」画面に追加された「日本語」項目の「Options」を選択します。




「Language options」画面から、「Download and install language pack」を選択します。




Download and install language pack」画面が表示されます。日本語化に必要なパッケージのダウンロード、およびインストールが行われますのでしばらくお待ちください。




完了すると、以下の様に表示されます。「Close」を選択してください。



Language」画面で日本語を第一言語に設定します。「日本語」項目を選択し、「Move up」を選択します。




「日本語」項目が一番上に表示されるようにしてください。



上記までの設定が完了しましたら、スタート画面に戻りOSからサインアウトしてください。

再度サインインしますと、設定した日本語化が反映されます。

 
続いて、システム環境の言語設定を変更します。コントロールパネルを開いて、以下の「日付、時刻、または数値の形式の変更」を選択します。








 「管理」タブを選択します。


「システムロケールの変更(C)…」を選択します。




「地域の設定」から、システムロケールを「日本語(日本)」に変更して、「OK」を選択します。




システムロケールの設定変更を反映する為、システム再起動が求められます。「今すぐ再起動」をクリックして、システムを再起動してください。




システム再起動後、OS環境は日本語環境に変更されます。

以上、Windows OSを日本語環境に変更し、一部表示の文字化けを防ぐための設定の仕方をご紹介いたしました。

クラウド環境でLifeKeeper for Windows, DataKeeper for Windowsのインストールを行う場合の参考にしてください。


LifeKeeperのユーザーサイトには、この他にも役に立つ情報がたくさん掲載されていますので、是非とも、ご活用ください。

ユーザーサイトの掲載記事:

タイトル:Windows Server 2012 R2 の英語版環境を日本語環境に変更するにはどのようにすれば良いですか。