2015年7月30日木曜日

Step by Step: Microsoft Azure IaaSとフェールオーバークラスターインスタンス(SQL Server)の設定手順が公開されました。


こんにちは、サイオステクノロジー 宇野です。

今日は、Azure上にWindows Server Failover Cluster(WSFC) + DataKeeper Cluster Edition(DKCE)で実現したSQL Serverの冗長化を行う方法について解説したドキュメント”Step by Step: Microsoft Azure IaaSとフェールオーバークラスターインスタンス(SQL Server)の設定手順をご案内します。

 
WSFC環境を構築する際には、共有ディスク用のストレージを準備する必要がありますが、DKCEを利用する事でストレージ無しで共有ディスクを構成するソリューションについて紹介しています。 

またWSFCでクラスターを構成するAzureVMイメージとして、Windows 2012 R2DKCEが事前にインストールされたVMイメージを、Azureのマーケットプレイスから選択して展開する事も出来ます。Azureの無料評価版でも十分にご評価頂けますので、下記のStep by Stepドキュメントを参考に、一度お試し頂く事をお勧めします。

Step by Step:Microsoft Azure IaaSとフェールオーバークラスターインスタンス(SQL Server)の設定手順
https://lp.sios.jp/BC_DL_Procedure.html

なおこのStep by Stepのドキュメントは、以下の2点について特にご案内していません。

Azure の無料アカウントの取得方法
DataKeeper Cluster Edition の評価ライセンス、Language Supplementの取得方法

その為、このブログでは、上記の2点について補足させて頂きます。

 
1) Azure の無料アカウントの取得方法

上記のドキュメントは、既にAzureの管理画面にログインした後の画面からの説明となっています。まだログインアカウントをお持ちではない場合、以下から無料評価版を取得してお試しください。 

a. 以下のサイトにアクセスをして、今すぐ試すをクリックします。

http://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/free-trial/







b. Microsoft アカウントでログインします。

*無料評価版の申請には、事前にMicrosoft アカウントを作成して頂く必要があります。

c. Microsoft ログイン後、アカウント情報を入力してます。アカウント情報の入力完了後、無料評価版のサブスクリプションが作成されます。 

d. アカウント情報の入力を完了する事で、”Microsoft Azureへようこその画面に移行します。\20,500 のクレジットが付いた30日間の無料評価版をご利用頂く事が可能となります。以下の画面にあるサービスの管理を開始するをクリックする事で、Step by Stepドキュメントにある管理画面に移行します。








アカウント情報登録時には、ショートメッセージによる認証やクレジットカードの入力が求められますが、これらがクリアできれば、比較的簡単に申請が完了します。

 2) DataKeeper Cluster Edition の評価ライセンス、Language Supplementの取得方法

Azure VM DataKeeper Cluster Edition には、初期状態ではライセンスは含まれていません。その為、正規ライセンスか、評価ライセンスをインストールして頂く必要があります。評価ライセンスを取得する場合は、以下から申請を行ってください。60日間利用可能な評価ライセンスと、各製品のインストールイメージが提供されます。 

https://www.sios.com/products/bcp/lkdk/product/evaluation_lk.html
 

P.29 "DataKeeper for Windowsの日本語化" では、製品インストールイメージ内の LanguageSupplement(LKLangSup-*.*.*-Setup.exe)を利用します。Azure VM 上にコピーしてご利用ください。 

P51 "DataKeeper のライセンス" では、正規ライセンスか評価ライセンスの何れかが必要となります。ライセンスファイルを Azure VM にコピーして、SIOS License Key Manager からファイルを選択して、インストールしてください。


以上、Azureの無料アカウントを取得し、DataKeeper Cluster Editionの評価ライセンスを、インストールする手順をご紹介いたしました。ご紹介した構築ガイドの補足情報としてご活用ください。


【7月30/31日開催】SoftBank World 2015へ出展します


こんにちは。BC事業企画部の岸本です。

サイオスは、730()31()に、ザ・プリンス パークタワー東京で開催されるSoftBank World 2015に出展し、複数のセミナーを行います。

【日 程】730()731()

【時 間】10:0019:00

【会 場】ザ・プリンス パークタワー東京(ブース No.50

【セミナー】30() 15:1515:30 ミニセッション(ソフトバンクコマース&サービス ブース No.37)
         31() 13:0513:20 オープンセミナー(セミナー No.OP2-2
 

730()のミニセッションでは、「Microsoft Azure上の高可用性を実現するソリューションのご紹介 SIOS SANLess Clusters~」を、31()のオープンセミナーでは「ミッションクリティカル業務のクラウド利用 vCloud AirLifeKeeperで実現する高可用性ソリューション~」 と題しまして、プレゼンテーションを行います。 

また、SoftBank World 2015の会場では、豪華景品のあたる抽選会や、PepperとおしゃべりのできるCafeなどが開設されるとのこと。サイオスもささやかながらブース展示を行います。また、会場は19時まで開場していますので、是非ともお立ち寄りください。 

なお、サイオスでは、今回、会場でのセミナーやブースでご紹介する内容に関連する最新のソリューションを特集したキャンペーンサイトを運営しています。

こちらのサイトも是非、ご活用ください。

仮想環境での高可用性システムSANLess Clusters